30代で知っておきたい!これからの出費&お金の貯め方

結婚や出産といった人生のターニングポイントが多く訪れる30代。

30代に入ると、自分や家族のためにやりたいことが増え、具体的な将来設計を描きはじめる、という人も増えてくるのではないでしょうか。

f:id:money-oshiete:20171215154241j:plain

何をするにしても、お金は必ず必要になってきますよね。

30代になった時点で貯金がいくらあるか、また今後どのように増やし、使っていくかということはとても重要です。

 

30代といえば、20代のころと比べて収入も増え、金銭的に余裕が出てくる時期だといわれています。

とはいえ、日々の生活に追われているとなかなか気持ちに余裕ができず、つい貯金を後回しにしてしまうこともありますよね。

特に、共働きで子どもを持たない夫婦や実家暮らしの独身世帯だと、暮らしていくには十分な金額が手に入るため、ついつい派手に使ってしまいがち。

f:id:money-oshiete:20171215155040j:plain

ですが、30代というのは、将来に向けてお金を貯めていくのに決して早い時期ではありません。

結婚資金や子どもの出産・教育費用、さらに住宅の購入や老後の資金についても考え始めるべきタイミングだといえます。

 

 

貯金額について考える前に、まずは平均収入を見てみましょう。

2014年に国税庁が行った調査によると、30代の平均収入はこのようになっています。

https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan/top.htm

 

30歳~34歳男性:平均446.2万円

35歳~39歳男性:平均502.1万円

30歳~34歳女性:平均301.1万円

35歳~39歳女性:平均292.5万円

 

 同じ30代であっても、前後半や性別によって大きな差があることがわかりますね。

妊娠・出産などをきっかけに休職や退職を選択する女性が増えるため、男女の差が顕著に表れてくるのもこの頃だといえます。

f:id:money-oshiete:20180207114737j:plain

 

続いて、いよいよ気になる30代の貯金額です。

金融広報中央委員会の調査によると、30代の平均貯金額は379万円

しかし、平均値というのはあくまでも一部の富裕層が大幅に押し上げている数値であるため、中央値となるとこれよりも下がって100万円~200万円程度になるようです。

ですから、一般家庭の実態により近いのは中央値のほうだといえるでしょう。

 

また、独身世帯か二人以上世帯かによっても貯金額は大きく異なってくるようです。

確かに、自分一人が生きていければいいのか、養わなければならない家族がいるかというのはかなり大きな差ですよね。

 

そして実は、30代全体のうちおよそ1/3は、貯金や株式といった金融資産はまったく持ち合わせておらず、貯蓄ゼロという状況なのです。

f:id:money-oshiete:20171215155417j:plain

20代のうちは貯蓄ゼロ~数十万円というのが多数派でしたが、将来設計を考えるべき30代となっては、さすがにそうもいきません。

 

ここで、人生における大きな出費をざっと紹介すると…

  • 結婚資金  :300万円~350万円
  • 子供の教育費:2,500万円~3,000万円
  • 住宅費   :2,500万円~3,500万円
  • 老後資金  :4,000万円~5,000万円

 

見ただけでもめまいがしそうな金額の羅列ですよね…。

もちろん金額は目安ですが、これらのライフイベントを経験する場合、平均的にはこのくらいのお金がかかるのだということは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

中でも老後資金というのは、定年退職後のすべての人に関わるお金の問題ですよね。

 

「結婚したい相手がいる…」「住宅の購入を考えている」

たとえ頭の片隅でもそう思ったことがあるならば、リアルな支出額を目にしてドキリとした人も少なくないのではないのでしょうか?

自分自身やご家族の選択肢を広げるためにも、蓄えが多いに越したことはありません。

とはいえ、これまで貯金をまったくしてこなかった人が、いきなり何百万ものお金を貯めるというのは無理な話です。

30代で貯蓄ゼロの人は、考え方や生活習慣から徹底的に見直していく必要があります。

 

 

貯蓄ゼロの人が見直すべきポイント3つ

f:id:money-oshiete:20171215160812j:plain

1.支出と収入をきちんと把握する

稼いだ分のお金を全部使い切ってしまう、という人は、そもそも金銭感覚があいまいで、自分でもよくわからないまま様々なことに浪費してしまっている可能性があります。

無駄遣いを防ぐために、まずはご自身の収入と支出を把握することから始めましょう。

スマホの家計簿アプリなどを活用して、記録を習慣化するのがおすすめ。

家計簿をつけると、自分が何にお金を使いすぎてしまっているのかが可視化できるため、まずはそこを削ることから取り組むといいですよ。

 

2.給料が出たらまずは貯金

1か月生活して余った分を貯金すればいいや!という考え方では、いつまでたっても貯まりません。

毎月の金額を決め、お給料が出たらそれを先に貯金してしまうのです。

貯金した分はもともとなかったものとして上手くやりくりすれば、必要以上に切り詰めた生活をしなくてもいいのです。

うっかり手を出してしまわないよう、いつも使っている口座とは別のところに貯めておいてもいいかもしれませんね。

 

3.固定費を見直す

お金を貯めるためには、家賃や光熱費、水道代、携帯電話の料金など、毎月の固定費を見直すことも大切です。

少し手狭でも家賃の安い部屋に引っ越す、携帯電話のプランを見直してみる、定期購入しているものをやめてみる…など、身近なところにも見直しポイントは潜んでいるはず。

毎月当たり前のものとして支払っていたお金を減らすことができれば、根本的な支出カットが実現できます。

浮いた分をどんどん貯金に回していきましょう!

 

「えっ、それだけ?」と思ってしまうほど、カンタンなことばかりですよね。

f:id:money-oshiete:20171215160357j:plain

いざという時に使えるお金を持っておくと、生活にもゆとりが生まれます。 

 

まずは基本的なことをしっかりクセづけて、「貯める」習慣をつくっていきましょう。